大腸の内視鏡検査でわかること

年齢を重ねる度に気になるのが、病気になっていないかどうかです。体の不調を感じなくても、いつの間にか症状が進行していることもあるため、注意が必要です。その中でも注意が必要とされているのが大腸で、大腸内視鏡検査は効果的です。国鳥から盲腸に至る大腸全体を検査することができ、がんだけではなくポリープや、憩室などを知ることが出来ます。カメラを直接体の中に入れるため、病気の発見だけではなく、その形状や大きさも把握することが出来ます。また、表面の色や出血の有無も確認出来ますし、生検のために組織を採取することも可能です。注腸X線検査でも病気の発見は可能ですが、あくまで発見するだけです。内視鏡検査のように、その場でポリープを切除することができないので、何かしらの異変があった場合には、二度手間になってしまいます。

大腸の内視鏡検査の方法

大腸の内視鏡検査は、施設によって色々な方法で実施されています。一般的には、検査の前日までは普通の食事をすることが出来ます。また、検査した時に腸の中を見やすくするために、電解質液を飲みます。これは、腸の中を洗い流すことが目的です。施設ごとによって最も大きな違いは抗コリン薬を使うかどうかです。これは町の動きを抑える働きがあり、施設によって異なります。また、痛みを感じさせないための麻酔も、全身に麻酔をかけて検査を行うのか、あるいはゼリー状の局所麻酔を使うかで変わってきます。検査を受けることも大切ですが、受ける前にどのような方法で行っているのか確認をするようにしましょう。特に麻酔については、意識のあるまま検査を行っても平気なのか、全身麻酔で意識をなくして検査をしてもらいたいのかをはっきりさせて行く必要があります。

大腸内視鏡検査を受けました

ベランダに布団を干していたら突然の腹痛に襲われました。主人の会社に電話したら外勤で県外に行ってるとので、同僚の方が病院まで連れて行ってくれました。問診を受けて入院しました。バリウムを注入して検査したら腸に細いところがあると言われました。転勤して数年後に又腹痛が起こりました。今度は大学病院で大腸内視鏡検査をして見ましょうと言われて受けました。検査前日は21時以降の食事は禁止、寝る前は下剤を飲みました。当日はニフラックを2リットル渡されて10分間隔で150cc飲みました。2リットルなので全部飲むのが大変でした。ベットに横になりお尻にゼリー状のものを塗りカメラを挿入すると途中で麻酔注射も打たれました。大腸内視鏡検査は30分以内で終了しました。大腸内部に病変があるときは1時間程度要するようです。癌などもこれで見つけられるので、チョット恥ずかしいですが勇気を持って大腸内視鏡検査を受けて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*