大腸の検査も内視鏡で出来ます。

近年は、病気の早期発見する為の検査や、病気が発見された際の手術の方法においても、内視鏡を使用して行うことが多くなって来ているようです。長所としましては、たとえば、検査しながら発見された病変の部位を同時に切除出来ることと、開腹手術をする際の出血の量も少なくて済み、手術に於いての、所要時間も短縮出来るという事ではないかと思われます。その点から、総合して考えると、何より、患者さんへの負担も軽減出来、入院に要する日数も少なくて済むことだと考えます。大腸に、腫瘍が出来る人も年々増えているようで、この大腸検査に関しましても、内視鏡で見る事が可能になっています。ただ、内視鏡の専門医というのは居ないようで、担当した医師の上手下手で、痛みや苦しさなども違ってくるのだという事を、耳にしています。なるべく上手な医師にお願いしたいです。

大腸の内視鏡検査に代わる簡単な検査ができる時代

日本人は世界的にも長寿として有名ですが、日本人を死に至らしめる原因の多くが癌です。中でも、男女共に胃や大腸、肺などの癌が多いようです。生活習慣や食事なども病気の原因になりうることはほとんどの人が知ってはいますが、今までの生活を変えることは中々難しいです。原因が取り除けない以上は、定期的に検査して健康状態を確かめて予防することが必要です。しかし、残念ながら内臓の検査を受ける人は少ないのが現状です。大腸の内視鏡検査を受ける人も多くありません。今では医学が発達して、採血だけでも癌の場所や確率がある程度分かるようになっているようです。採血検査だけで、内視鏡などでも見つけられないほど小さな癌でも発見出来ることがあるようです。しかし、まだ一般に普及しているとは言えません。一般に内視鏡に代わる検査が普及するまでは怖くても面倒でも自分のために普通に検査を受けるべきです。

大腸の内視鏡検査を受けてみたい

あるテレビ番組で、美容と健康のために、大腸をきれいにしておくことがとても大切だと言っていました。医学的知識がないので、私にはよくわからないのですが、多くの医師たちが、腸を健康な状態で保つことはとても大切だと言っているので、すごく興味があります。でも、自分の腸が美しく、健康な状態にあるかどうかというのは、全くわからないことですよね。実際に自分で見ることは出来ないわけですから。ですから、いつかは内視鏡検査を受けてみたいと思っています。結構な費用がかかるかもしれませんが、自分の健康にはかえられません。また、内視鏡検査は、上手な医師にしてもらえば、痛みも少ないそうです。痛みがあると、少しひるんでしまいますが、痛みがないならば、挑戦しやすいですよね。自分の将来のために、近い将来、大腸の内視鏡検査を受けようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です